審美歯科

■審美歯科について

審美歯科治療は、一般的に見栄えを良くすることや単に歯を白くすることだと考えられがちですが、外見上見える部分だけではなく咬む、正しく呼吸する、話す機能を回復させ、その上でさらに歯や口元を美しく見せる治療だと当院は考えています。歯の位置(歯並び)が悪ければ、咬み合わせ、見栄え、清掃に悪影響を及ぼすため、当院では矯正治療が必要な場合は、みやわき矯正歯科クリニックと共同で治療を行っています。

■審美歯科治療の種類

■ジルコニアのかぶせ物

ジルコニアとは(酸化ジルコニウム、ZrO2)はジルコニウムの酸化物で、生体親和性、耐熱性を持つ材料です。白いセラミック製の包丁、スペースシャトルの外壁(耐熱性)や人工関節(生体親和性)などにも使用されています。ジルコニアは金属ではないため、アレルギーが少なく安全性の高い材質であるといえます。
ジルコニアクラウンは、従来のセラミックの被せ物、金属の被せ物に比べ、圧倒的に歯垢の付着が少ないのが特徴です。

(治療例1)
【治療前】右上の2番目の歯が欠損しブリッジが入っています。また、右上の1番目の歯が傾いています。 【治療後】歯の傾きを矯正治療し、ジルコニアによるブリッジで治療しました。
(治療例2)
【治療前】左上1番目の歯が欠損しています。 【治療後】周囲の歯のホワイトニングを行い、上の前歯4本をジルコニアによるオールセラミッククラウンで治療しました。
(治療例3)
【治療前】上の前歯にむし歯やかぶせ物の不適合があります。また、奥歯は欠損しています。 【治療後】上の前歯はジルコニアのかぶせ物で治療しました。奥歯はインプラントを行い、咬み合わせを安定させています。
(治療例4)
【治療前】上の前歯はかぶせ物の不適合による歯茎の炎症を認めます。 【治療後】奥歯の治療も行い、最後に上の前歯をジルコニアのかぶせ物で審美的に治療しました。
(治療例5)
【治療前】上の前歯は、歯と歯茎の境目に変色を認めます。 【治療後】歯茎の変色はなくなり、審美に良い状態になっています。
(治療例6)
【治療前】右上の奥歯に銀歯が入っています。 【治療後】ジルコニアのかぶせ物で治療しました。

ボーセレンインレー(詰める)

虫歯の詰め物に使用できます。セラミックはプラスチック系の白い詰め物と違い、色、質感に変化はありません。 欠点としては欠けやすいため、奥歯の治療には適さない場合があります。


【治療例】ポーセレンインレー