歯周病治療

■歯周病(歯槽膿漏に)について

歯周病とは、歯の周囲に付着した歯垢(プラーク)が歯と歯茎の境目の溝に入り込み、歯を支えている骨が溶ける病気です。歯周病は歯茎だけの病気ではなく、本質は骨の病気なのです。歯垢には非常に多くの細菌が含まれ、その細菌が出す毒素が歯を支えている骨を溶かすのです。
また、歯周病はサイレントディジーズと呼ばれ、歯周病が少しずつ進行いる間、つまり骨が溶けている間もむし歯のように痛みはありません。

正常な歯と歯周組織
歯周病が進行した状態

■歯周病の治療について

歯周治療

(Case1)
【治療前】歯石が多く付着し、歯茎が非常に腫れています。 【治療後】歯石の除去、ブラッシングの改善、生活習慣の改善で歯茎の炎症は大きく改善しました。

歯周補綴

歯周病が進行すると歯周組織(歯を支えている骨など)が破壊され、歯が十分に咬む力を支えられなくなります。その結果、物が咬みにくくなったり、何か頼りなさを感じたり、固い物を避けるようになったりします。 そのため、歯周病治療では、支えが弱った歯は精度の高い被せ物で歯を連結固定し、咬む力に耐えられるようにすることが非常に重要で、それは将来的に歯の寿命にも影響します。一見、虫歯にもなっていない歯を削って被せ物を入れるのはもったいなさを感じますが、歯周病から歯を守るためには必要な処置となります。つまり歯の表面には多少犠牲になってもらい、その歯を長期間、安定して機能させることを優先させるのです。

(Case1)
【治療前】上顎の歯に不適合な被せ物が入っており、歯周病がかなり進行しています。また、部分的な治療の繰り返しにより、顎の位置も大きくずれています。 【治療後】歯周治療(歯周病治療)を行いながら並行して仮歯を使い、本来の咬み合わせの位置に戻す治療を行いました。最終的には、前歯にセラミック、奥歯にゴールドの被せ物を入れ、右奥から左奥までの被せ物を全て連結し、歯を固定しています。
下顎はインプラントで固定される義歯で治療しました。
詳細
【治療前】歯の裏側の歯茎に炎症があります。 【治療後】歯茎の炎症は改善し、被せ物により歯が固定されています。
詳細
(Case2)
【治療前】不適合な被せ物が入っているため、歯茎に炎症があります。 【治療後】歯茎の処置を行い、歯を固定することによりしっかり咬めるようになりました。前歯にセラミックの歯を用いることにより見栄えもよくなっています。また、下の奥歯は患者さんの希望により義歯を作製しました。
詳細
【治療前】内側の歯茎にも炎症があります。 【治療後】内側の歯茎の炎症を改善しています。
詳細