再生療法

■ エムドゲイン®による歯周組織再生療法

軽い歯周病であれば、歯と歯茎の境目を清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯茎の奥まで進行し歯周組織(歯を支えている骨など)が破壊されると、歯を長期的に維持することが困難であることがわかっています。現在では歯周組織再生療法によって失われた歯を支える組織を再生させる事により長期的に歯を維持することが可能であることがわかっています。当院では再生療法に、歯が発生するときに作用するタンパク質を含むエムドゲイン®という薬剤を用いています。

(Case1)
【治療前】左下4、5番目の間の骨が吸収しています(▲部分) 【治療後】インプラントと同時にエムドゲインによる歯周組織再生療法を行いました。 骨が再生しています(▲部分)
詳細
(Case2)
【治療前】の部分の骨が下がっています。 【治療後】骨が再生し、全体的に骨が平坦になっています。
詳細
(Case3)
【治療前】の部分の骨が大きく下がっています。 【治療後】の部分の骨が再生しています。被せ物で骨を固定しています。
詳細
(Case4)
【治療前】左上6・7番目間の骨が下がっています(▲部分) 【治療後】▲部分の骨が再生し、歯が安定しました。
詳細
(Case5)
【治療前】左上3・4番目間の骨が下がっています(▲部分)。また4・5番目の歯が近寄りすぎて非常に清掃しにくい状態です(→部分)。 【治療後】骨が再生しています(▲部分)。4・5番目の歯は矯正治療を行い、間を広げ清掃しやすい状態に改善しました(→部分)。
詳細